初めての方へ First

私たちは
『歯を守るため』の歯科医院です

私たちは『すべては患者さんの健康と笑顔のために』を理念に歯科診療を行なっています。
取り戻した機能を一生守り、むし歯を発症前から予防することでお口の健康を維持し、
いつまでもご自身の歯で噛んで生活を豊かにしていただきたい。
その想いから、当院ではインフォームド・コンセント(十分な説明を受けた上での同意)を徹底するため、
丁寧な検査・カウンセリングのうえ、
患者さんに寄り添った個別の治療・予防プログラムを提案し、診療に取り組みます。

当院は『完全お約束制』になります

当院は『完全お約束制』になります

患者さん一人ひとり、治療の内容は異なります。きちんと時間をとり、丁寧な治療をご提供できるよう、当院は『完全お約束制』となっています。

ご連絡なく来院されないと、治療が進まなくなるばかりでなく、時間と費用が余分にかかってしまいます。また、ほかの患者さんの治療の機会を奪うことにもなります。お約束を守っていただくことで、皆さんに気持ちよくお過ごしいただけますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

お約束をされずに来院されますと、対応いたしかねることがありますので、事前にご連絡いただけますようお願いいたします。

神の前歯科医院ではCAMBRAシステムによるむし歯予防を行なっています

神の前歯科医院ではCAMBRAシステムによるむし歯予防を行なっています

CAMBRA(キャンブラ)とは、アメリカで生まれた「むし歯管理法」であり、アメリカの歯科府大学の65校中40校で採用されています。 むし歯の進行は、患者さんの個々のリスク(どれだけむし歯になりやすいか)とそれに対する防御因子(むし歯を防ぐ力)のバランスで変化します。 そのため、患者さん一人ひとりのむし歯リスクと防御因子を検査し、それに合わせたむし歯予防・むし歯管理を行ないます。 科学的な分析(むし歯の活動性・唾液量・生活習慣などを評価して、一人ひとりのむし歯リスクを判定した結果)に基づいた予防管理を実施するために、当院ではCAMBRAシステムを採用しています。

再発を繰り返さないための
『MTM』

神の前歯科医院では、歯を長持ちさせるための診療の流れを取り入れています。

  • 原因解明
  • 口腔内環境の把握
  • 治療・改善
  • メンテナンス

まずはむし歯になった原因を探るため、十分な検査でご自身の口腔内環境を把握していただきます。検査をもとに、患者さんに合った予防プログラムを立案し、むし歯や歯周病になりにくい環境への改善を行ないます。その後、再発を繰り返さないようメンテナンスを継続していきます。

これを『MTM(メディカルトリートメントモデル)』といいます。この医療システムにより、患者さんはお口の健康をを取り戻し、長期にわたりそれを維持できるようになります。

MTMに基づく治療の流れ

初診:検査・説明・指導

所要時間/約90分~120分

初診時の現状検査やその説明が非常に大切だと考えております。
そのため初診の診療は、90分程度のお時間をいただいております。
初診の患者さんは時間にゆとりを持ってご来院ください。

  1. Step 01

    問診

    お悩みなどをヒアリング

    担当させていただく歯科衛生士が、現在のお口の状況やお困りのことなどをお聞きします。いままでの治療の感想や、今後の治療に関するお悩みやご要望をお聞かせください。

    問診
  2. Step 02

    口臭測定(無料)

    口臭の元を口臭測定器で測定・解析

    口腔内の口臭成分の濃度を測定し、口臭の原因を突きとめます。

    口臭測定(無料)

    口腔内診査

    各検査前の口腔内検査

    むし歯の有無や被せ物の状態など現状を記録します。

    口腔内診査

    レントゲン撮影

    むし歯や歯周病の進行状況の確認

    目で見るだけではわからない細部まで記録します。

    レントゲン撮影

    各種写真撮影

    術前術後の口腔内比較のための写真撮影

    歯並びや噛み合わせ、歯ぐきの状態を記録します。
    普段自分では見られない歯の裏側まで視覚的に確認します。

    各種写真撮影

    顕微鏡検査(無料)

    むし歯菌・歯周病の確認

    患者さんのプラークを採取し、口腔内環境を確認します。

    顕微鏡検査

    歯周精密検査

    歯周ポケットの深さの測定

    歯を失う大きな原因となる歯周病の進行状況を調べる検査です。
    出血の有無や歯の動揺度を確認します。

    Step02 歯周精密検査

    カリエスリスクのチェック

    ⼝腔内の状態を測定

    専用の機器を使用し、⼝腔内の清掃状態やむし⻭の活動性(虫歯になる危険度)を数値化して確認します。

    カリエスリスクのチェック
  3. Step 03

    検査結果に基づく現状説明

    歯科医師による検査結果のご説明

    今後の治療方法などを、わかりやすく丁寧にご説明します。

    検査結果に基づく現状説明
  4. Step 04

    セルフケア指導

    適切な歯みがきのご提案

    患者さんに合ったセルフケアをご提案します。

    セルフケア指導

    予防ケアグッズ

    リスクチェック結果に合わせたグッズをご提案

    院内で数多くのデンタルケアグッズを揃えております。
    患者さんの口内環境に応じたケア用品を、医師・歯科衛生士が提案させていただきます。

    予防ケアグッズ
  5. Step 05

    応急処置

    主訴部分の治療

    必要に応じて、応急的な治療をします。

    応急処置

歯石除去

  1. Step 06

    予防プログラムの立案・ご提案をします。
    スケーリング(歯石除去)をします。
    ※だ液検査を受けられた方が対象となります。

    歯石除去

初期治療

  1. Step 07

    歯ぐきの中の歯石除去(1~6回)

    歯周ポケット内の歯石は歯ブラシやフロスでは取れません。
    歯科衛生士が専門の器具を使い、1本ずつ手作業で歯石を取ります。
    適切なセルフケアにより、健康な状態を保てます。

    歯ぐきの中の歯石除去(1~6回)

評価

  1. Step 08

    初期治療後の歯ぐき検査

    歯ぐきの中の歯石を取ったあと、歯周ポケットの深さ・出血・腫れなどの改善具合を確認します。
    セルフケアのチェックも行ないます。

    初期治療後の歯ぐき検査

治療

  1. Step 09

    歯の治療

    歯ぐきの状態が良好と認められたら、歯の治療を行ないます。

    歯の治療

再評価

  1. Step 10

    口腔内全体の環境改善の確認

    すべての検査と治療の終了後、症状や口腔内環境がどのくらい改善しているか確認します。
    口腔内写真を撮影し、治療前後を比較します。

    口腔内全体の環境改善の確認

SOT(サポーティブ・オーラル・セラピー)、
メンテナンス前の準備期間

  1. Step 11

    口腔内の健康状態が安定するまで、バイオフィルム(細菌のかたまり)を除去しながら経過を観察し、 メンテナンスの重要性をご理解いただきます。

    SOT(Supportive Oral Therapy)とは:
    セルフケアとプロフェッショナルケアの意義を患者さんが理解し、自己管理できるようにするための支援と実践です。
    SOT(サポーティブ・オーラル・セラピー)、メンテナンス前の準備期間

メンテナンス(1~4ヵ月に1回)

  1. Step 12

    むし歯や歯周病の再発を防ぎ、一度獲得した口腔の健康を維持するためには、歯科医院での定期的なメンテナンスが欠かせません。
    PMTC(専用機器による歯面清掃)を行ない、セルフケアでは落としきれない歯ぐきの中のバイ菌やバイオフィルムを、継続的に除去します。その後、歯の表面にフッ素を塗り、強く丈夫な歯にします。
    メンテナンスを繰り返すことでむし歯の再発を防ぎ、歯を長持ちさせられます。また、歯周病の進行を抑え、引き締まった健康な歯ぐきを維持できます。

    メンテナンス(1~4ヵ月に1回)

安心できる、
保育士による『託児システム』

安心できる、保育士による『託児システム』

神の前歯科医院には保育士が常駐しており、託児スペースでお子さんをお預かりしています。
盛岡市をはじめとする地域にお住まいで、小さいお子さんをおもちの方にも、安心して受診していただけます。
※『家族予防』に力を入れていますので、隣接する『神の前キッズデンタルパーク』に通院されているお子さんに限らせていただきます。

よくあるご質問

レントゲン写真は必要ですか?
むし歯や被せ物の適合状態、歯ぐきの中の歯石や歯槽骨(歯周病)の状態など、目に見えないところを診査するためにお撮りします。
口腔内写真は必要ですか?
歯の位置、形、傾き、歯磨きの癖、噛み合わせ、歯ぐきの状態、歯石など、普段見ることのできないご自身の口の中を見ることができ、現在のお口の状態を記録するためにお撮りします。また、診査・診断に重要であり、経過観察にも使用します。
リスク検査は必要ですか?
むし歯になりにくい人、なりやすい人の違いは、歯磨きの回数や方法だけではありません。また、むし歯の原因により予防法が異なり、リスク検査はご自身の状態に合わせた予防法を提案するためのものです。なお、検査は簡単、短時間でもちろん痛みはありません。
むし歯治療の前に歯石とり(歯周病治療)は必要ですか?
歯石が歯の周りに付くことで歯ぐきが出血した状態であったり、膿が出ている状態のところに詰め物や被せ物を行っても長持ちしません。歯石を取ることで、歯ぐきを引き締め、歯の周りの状態が改善してからむし歯や被せ物の治療を行います。
歯周病とは何ですか?
歯周病は細菌による感染症であり、治療に長時間を要する病気(慢性疾患)です。歯周病菌が引き起こす炎症によって歯を支える歯周組織が破壊され、最終的には歯が抜けてしまうという怖い病気です。徐々に発病し、ご自身では気づきにくく、症状が進むほど治療が大がかりになるため、早期の治療開始をお薦めします。
プロケアは必要ですか?
プロケアはご自身でのセルフケアでは届かない歯ぐきの中の歯石、磨き残しなどを担当歯科衛生士が器具・機械を用いて取り除き、口腔内の環境を良好に保つために必要です。併せて、歯並び・被せ物・個々のリスクにあったケア用品のご提案と使い方のアドバイスを行います。歯の寿命を延ばすために二人三脚でサポートします。