一般治療・予防・
メンテナンス
Prevention

  1. 神の前歯科医院 ホーム
  2. 一般治療・予防・メンテナンス

いつまでも自分の歯で
噛んでいただくために

いつまでも自分の歯で噛んでいただくために

むし歯の治療で歯を削ると、歯はもろくなってしまいます。また、一度むし歯にかかった歯は再発しやすく、歯を削る治療を繰り返すことで歯の寿命は縮んでしまいます。
大切な歯を長く使い続けるためには、早期治療と予防ケアが大切です。
感染症であるむし歯からお子さんの歯を守るためにも、『ご家族全員でのお口のケア』(家族予防)をしていきましょう。
神の前歯科医院では、隣接するキッズデンタルパークにお子さんが通院されている場合、ご家族の方の治療中にお子さんをお預かりできます。お気軽にご利用ください。

むし歯について

むし歯とは

むし歯とは

お口の中には『むし歯の原因となる細菌』が存在します。この細菌は、歯の表面に付着した糖分を分解し、酸を作り出します。酸には歯を溶かす力があり、細菌が出す酸が増えると歯の表面に穴があき、歯の内部へと侵蝕が進んでいきます。
むし歯を予防するためには、むし歯の原因となる歯垢やバイオフィルムをしっかりと取り除くことが大切です。

口腔細菌『バイオフィルム』って何?

口腔細菌『バイオフィルム』って何?

ミュータンス菌などむし歯の原因となる細菌が作り出す、ネバネバとした粘性物質のことをいいます。
細菌は砂糖を栄養としてグリコッカスという粘性物質を作り出し、バイオフィルムとなって歯に強固に付着します。
バイオフィルムは毒性が強く、むし歯や歯周病を進行させてしまううえに、歯みがきでは取り除けません。しかし、PMTC(専用機器による歯面清掃)であれば取り除くことができます。
初期のうちに取り除ければ、むし歯はもちろんのこと、後期に付着してくる歯周病の原因菌からも歯を守れます。

むし歯ってどうなるの?

むし歯ってどうなるの?

歯垢の中にいるむし歯の原因菌は、食べ物や飲み物に含まれる糖分を栄養として酸を作りだします。この酸によって歯の表面が溶かされることを『脱灰』といいます。
歯には、『再石灰化』といってだ液の作用などにより自己修復する力があるため、飲食をするたびに歯は『脱灰』と『再石灰化』を繰り返しています。しかし、『脱灰』しやすいお口の状態が続くと、『再石灰化』が間に合わなくなり、むし歯が進行してしまいます。

むし歯になりにくい生活習慣

むし歯を予防するためには、歯みがきなどで『再石灰化』しやすい状態をつくり、『脱灰』が優位にならないようにすることが大切です。

小児歯科:0歳児からのむし歯予防

ミュータンス菌などのむし歯の原因菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には存在しません。スプーンの使い回しやキスなどによって、周りの人のだ液が赤ちゃんのお口に入り込むことで感染してしまいます。
むし歯の原因菌の感染は、歯が生え始める生後6ヵ月ごろから始まりますが、とくに1歳7ヵ月~2歳7ヵ月ごろは感染しやすいため、注意が必要です。
この時期にむし歯の感染を防げると、お子さんが将来むし歯になる確率を大きく低下させられます。

4歳になった時のむし歯の本数

4歳の時点でのむし歯の本数を検査すると、2歳までにむし歯に感染しなかった子が0.3本であるのに対し、2歳までにむし歯に感染した子は、5本と大きく差があることがわかっています。
一度むし歯に感染してしまうと、2歳以降は急激にむし歯が増えてしまうため、定期的に歯科医院でお口のメンテナンスを受けることが大切です。

0歳児から通えるキッズデンタルパーク

0歳児から通える
キッズデンタルパーク

キッズデンタルパークは0歳児から通える歯科医院です。
3歳以上のお子さんは1人で治療室に入室できるようにしており、お子さんの自立心を促します。
また、0~2歳のお子さんを対象とした821(ハニー)クラブでは、自ら歯みがきをする習慣を身につけられ、楽しく学んで通える歯医者となっています。

歯周病について

歯周病とは

歯周病は、歯周病の原因菌が出す毒素によって歯の周囲の組織が炎症を起こす病気です。炎症によって歯を支える骨が溶けるため、重度の場合には歯が抜け落ちてしまうこともあります。
細菌の塊である歯垢やバイオフィルム、歯石などが歯と歯ぐきの間に溜まることで、歯周病を発症しやすくなります。

歯周病とは

歯周病で歯を失うことにならないように、歯ぐきの出血などの症状に気づいたら早めに受診しましょう。また、適切な歯みがきに加え、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることで、歯周病を予防できます。

口腔内が不衛生だと全身に影響を及ぼします

不十分な歯みがきや喫煙などの生活習慣によって歯周病のリスクが高まるため、歯周病は生活習慣病であるともいわれています。
歯周病は糖尿病などの全身疾患を悪化させるだけでなく、肺炎や脳卒中、心臓病などの全身疾患を引き起こす要因となることもあります。

口腔内が不衛生だと全身に影響を及ぼします

オーダーメイドのメンテナンス

  1. Step 01

    口腔内診査

    お口全体を診察し、むし歯や歯周病などの診断を行ないます。
    担当歯科衛生士が患者さんのお口の状態を管理し、お口の健康を維持できるようにアドバイスします。

    口腔内診査
  2. Step 02

    だ液検査

    生活習慣をお伺いしたうえで、むし歯のなりやすさや歯を守る力の強さなどをお調べし、患者さん一人ひとりに合った予防ケアをご提案します。
    ※メンテナンス移行後のだ液検査は必要に応じて行ないます。

    だ液検査
  3. Step 03

    適切な歯みがきレクチャー

    お口の健康を維持するためには、患者さんご自身による毎日の適切なケアが必要です。むし歯や歯周病の治療を行なっても、毎日の歯みがきがきちんとできていなければ再発してしまいます。
    再発を防ぐためにも、患者さん一人ひとりのお口に合った歯みがき方法をレクチャーいたします。

    適切な歯みがきレクチャー
  4. Step 04

    PMTC
    (プロフェッショナル・メカニカル・トゥ-ス・クリーニング)

    念入りに歯みがきをしていても、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間にはみがき残しができがちです。みがき残しがあると、むし歯や歯周病も進行してしまいます。
    PMTCでは、歯科衛生士が歯みがきでは除去しきれない歯垢やバイオフィルムを専用の機器を使って丁寧に除去します。

    PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥ-ス・クリーニング)
  5. Step 05

    フッ素塗布

    PMTCでクリーニングをした歯の表面はフッ素を取り込みやすいため、むし歯の原因菌が出す酸への抵抗力をより高めることができます。
    また、定期的にフッ素塗布を行なうことで、むし歯の予防効果が持続します。

    フッ素塗布

メンテナンス(定期検診)で
行なう治療

虫歯・歯周病の予防のカギとなる「プロフェッショナルケア」と「セルフケア」

虫歯・歯周病の予防のカギとなる「プロフェッショナルケア」と「セルフケア」

メンテナンス(定期検診)=クリーニングだけではありません。
当院のメンテナンスでは、患者さんのリスクに応じて歯科衛生士が適切な予防処置 (プロフェッショナルケア) 患者さんのセルフケアチェックを行います。
この、プロフェッショナルケアとセルフケアの両方を定期的に行なうことでむし歯や歯周病を予防することができるようになります。
「歯医者さんでに歯石を取ってもらう」「歯をクリーニングする」ことだけがメンテナンスではありません。また、メンテナンスしていれば「必ずむし歯は避けられる」というわけでもありません。
毎日の歯磨きや生活習慣によっては、むし歯や歯周病が進行してしまう原因になることもあります。

私たちは歯科治療の専門家として患者さん一人ひとりに合わせたサポートを行ない、生涯にわたる「健康な口腔環境」を提供します。